慌ててわきが手術を受ける前に

食生活の改善

毎日口にする食事と体臭にはとても深い関係があります。

体内に摂取される飲食物は、当然身体から発せられる体臭にも影響を与えます。 臭いのもととなる物質を多量に口にすればそれだけわきがの臭いも強烈になり、 それらを食べなければ臭いは軽減されるのです。 なので体臭が気になりだしたら食生活を見直して、臭い成分の少ないものをメイン のおかずにすることがわきがの改善に役立つのです。 まずは食材そのものが強い匂いを発するもの、これを少し控えるようにしましょう。 ニンニクやニラなんかがそれに該当しますが、口臭のことを考えてあまり食べない 人なら普段から避けているのでその姿勢のままでオッケーです。 仕事が接客業なら休日前にしか食さないでしょうしそれ位なら問題ありませんが、 毎日ニンニクの入っている料理を食べていると口臭だけではなく体臭もきつくなる ので注意しなければなりません。 いくらスタミナがつきそうだと言っても、わきがのことを考えると食べすぎはよく ないでしょうし週に2回くらいに抑える努力をして下さい。 唐辛子などの辛味の強い調味料を使っている料理も体臭を強くする作用があります。 スープが真っ赤な辛いラーメンを食べるとどうなるか、自分の姿を想像してみれば わかるでしょうが全身にとっても汗をかきます。 おいしいのですが体が火照って、額からは大粒の汗が噴出しポタポタとテーブルに 落ちる音が聞こえてくるでしょう。 汗をかくのは額だけではなく、背中もお腹も股間も、そして腋の下にもです。 腋の下に汗をかくとどうなるか、みなまで言わずとも分かるでしょうがわきがが やる気を出して臭いを発生させる原因になるのです。 辛いものを食べて汗をかくのはいろいろと発散できて有意義なお食事になりますが、 その反面体臭を加速させるのでわきがで悩んでいる人、わきがの疑いがある人は あまりやるべきではないのです。 控えたほうが体臭を振りまくキッカケも減りますし、これは汗をかいた瞬間だけ ではなく刺激物事態にも体臭を生み出す作用があるので、涼しげな顔をして食べて もやはりわきがは進行するのです。 上記のものは体臭を発生させやすい食材ですが、反対に抑制する食材も覚えて おくと役に立つでしょう。 梅干や生姜は和食によく用いられますがこれには菌の繁殖を抑える効果もあり、 菌が増えないので体臭もしにくくしてくれます。 菌への対策ですが普通に食べれば良く、お弁当箱に梅干を入れるようにポケット の中に梅干を入れたり飴玉のように口の中で転がす必要はありません。 他のおかずと同様にただ食べるだけでいいので、より大きな効果を得ようとして お肌に塗ったり腋に挟んで数時間過ごさないで下さい。 それでは梅干がかわいそうです。 他にも大豆に含まれるイソフラボンには汗を酸化させにくくする効果があるので、 どんどん食べることをお勧めいたします。 大豆のまま食べるのではなくお豆腐や納豆でも同じ効果があるので、食べやすい 形になっている大豆製品を探して自分の中の人気メニューに入れましょう。 臭いそのものを消す効果があるのはリンゴで、これさえ毎日食べれば体臭も 何割かは抑えることができるとされています。 このように食事に少し気を使えばわきがの人でも臭いをそう気にしない生活に 戻れる方法があるので、臭いを察知したらすぐさま手術を受ける決心をしなくても いいですし、他人の視線や嗅覚に怯えながら生きていかなくてもいいのです。 毎日ここで紹介した食材を欠かさず摂取するのは難しいでしょうが、割合を増やす 努力をするだけでも全然違いますので、これからの食生活を少し健康的で消臭的 な方向に持っていくようにしてみてください。